月別アーカイブ: 2015年10月

春画の効用 その12

様々な呪力

ところで鷺魚は、嫁入り道具として姫君に持たせる他に、もう一種「祝儀用の枕絵」があったと書いていました。「また諸大名・緒旗本は一代に一つ、必ず甲冑をこしらえる例があって、その鎧びつへ春画一巻を入れる収納箱のこと。武士の家では、その鎧びつの中に甲冑と一緒に春画を入れておく習慣があったのでした。江戸時代のポルノには、こんな用途もあったのです。とても信じられないという方もいらっしゃるかと思いますので、証拠として、証拠として「川柳春画志」から関連の句を拾ってみましょう。

具足びつ収まる絵にも甲形

彼の本ハ入れぬ武蔵が具足びつ

「甲形」は男性能力を増すためにきっとう部にかぶせる性具の一種。つまり甲を納める愚息びつに入っていた絵にもやっぱり「甲」をかぶった男根が描かれていたという意味。

 

~風俗コラム~

JR吉塚・香椎周辺をエリアにしている
人妻デリヘル「五十路マドンナ」へ侵入調査。
oyakata20150616akasaka002.jpg
 
やってきたのは、笑顔が愛くるしい美熟女の響さん(50歳)。
整った顔立ちでルックスもグーですよ。
 
しかもフェロモンをムンムン放出しまくってます。
ホント今の五十路は、エロいっすわ~!
 
聞けば、身長156cmにオッパイ87cm、
ウエスト63cmにお尻が89cmと申し分無し。
 
さっそくヌギヌギしてもらい、
そそるエロボディーを拝見させていただいてバスルームへ。
 
シャワーで流してくれ、
いやらしい手つきで股間を撫で回されウットリ。
 
oyakata20150616akasaka003.jpg
 
やがては密着ボディー洗いでチ○チ○ニギニギシコシコの、
アナルの方も念入りにツンツンされ、もぉチ○チ○はギンギンに硬直。
負けじと抱きついてチュー。
ベロンベロンに舌を合わせてくれます。
 
でもって、またベッドで、タップリチューを味わってから
オッパイモミモミの、左右交互に乳首をねぶらせてもらいます。
この感触も五十路とは思えないっす。
 
響さんも切ない声を漏らし始めます。
その声のエロいことエロいこと。
 
ちょいとお股に手をすべり込ませると、
アラアラすでに潤ってたりして、
手のヒラ全体でこねくり回すともぉみるみる濡れてきて、
やがてヌルヌル状態に。
 
調子こいて太ももご開帳させて顔をうずめ、
ベロンベロンにねぶると、顔中テカテカに。
エロ~い喘ぎ声上げ続けてますぅ。
70分1.2万円~。
 
oyakata20150616akasaka001.jpg