月別アーカイブ: 2015年1月

春画の効用 その⑥

性生活をより豊かなものにする春画の効用とは、なにも日本だけの話ではありません。「中国古代性文化」のうち「春宮画的作用」を述べた箇所でも、清代の「性小説」の一つ「肉蒲団」から、夫婦の営みに淡白になった妻を”刺激する”ために春画を用いた場面が引用されていますし、1926、7年に中国で出版された「性史」第二集にも、結婚して1年足らずの男性の同様の体験レポートが載っていました。

この上海の男性の場合は、夫婦生活の倦怠を克服するためではなく(なんといってもまだ新婚なのです)、箱入り娘(当然処女)であるうえに「列女伝」や「女孝経」といった古風な婦人道徳書を愛読していた新妻に性生活の楽しさをしらしめるため、街頭で買った春画を活用したのだとか。

【中国の性文化精品展上的展品】

U3405P704DT20090226130633