月別アーカイブ: 2014年5月

福岡発デリヘルおすすめ店 熟女博多弁妻 

在籍人妻の年齢層が幅広い名店。リーズナブルに擬似不倫を満喫!


3店名:熟女博多弁妻

ジャンル:デリヘル

料金システム:60分 10,000円~

営業時間:10時~翌3時

出張エリア・・・福岡県・その他近郊エリア

TEL:092-775-6665

写真:まりこ 52歳 T155 B85(D) W64 H89

HP:「熟女博多弁妻 」公式ホームページ(福岡デリヘル)

福岡の人妻デリヘルグループの最大手「クピドグループ」の中でも、品の良さとエロさを兼ねそなえた奥様が多いと評判の「熟女博多弁妻」。駅前等の指定場所で待ち合わせ一緒に博多(福岡)のホテルへ入るため、擬似不倫をリアルに楽しめるとの声が多い。そんな同店最大の魅力は何といっても「低料金」にある。オススメコースである90分16,000円は、人妻風俗の相場を考えるとかなりの激安料金、最低料金の60分コースよりもコストパフォーマンスに秀でており、じっくり遊びたい人にはオススメの内容となっている。さらに、福岡県外のお客様には「出張サービス」と言っていただくと1,000円割引が適用出来るので地元以外の方に人気がある。

さらにゆったりしたプレイ時間とリーズナブルな料金に加えて、サービスはかなり濃厚、スケベな人妻が揃っているということもあり、基本プレイにそそまま溜まった欲求不満をぶつけられるため、本気になること間違いなし。

心中は武士の手本 その③

かりにも武士である私に貴殿はとんでもない質問をなさるのですね。死を前にしてどうしたら平静でいられるかなんて・・・・・。でも正直申し上げて、私だって自信はないのです。不安になると夜中に短刀をを腹に当てて練習したりしましたが、実際に腹を切る段になると、やはりもがき苦しむのではないかという不安を拭い去ることはできませんでした。なぜなら、以前目にした赤穂義士切腹の図で、義士たちのその時の顔が、みな苦痛で歪んでいるのを見たからです。従容死につくというのは、あくまでそう心がけようという理想であって、命あるかぎりは誰も死を恐れ断末魔の苦痛でもがくのは致し方ないことなのだと悟ったのでした。

 

ところが、この誇り高き武人は、ある日、自分の”悟り”が間違っていたことを思い知らされたのだそうです。一体なにがそうさせたのでしょうか。

 

ある時、わかき男女の相対死を潔くするをみて、今までのことは過てり。(中略)その時、相対死の男女にはおとるまじとおもひ究ばやすからむと悟り、その後は只其ことを不忘、大切にのぞみ道を忘るべからずとのみおもふ也。

 

心中は武士の手本 その②

さても恐ろしき女の情念、そういえば、若いという意味の「夭」の字を「女」と合わせれば、妖怪の妖となる。なるほど若い女に男は「迷ひもし化されもすること也」と、川路は改めて女(この場合は、とりあえず若い女性)の切なる思いの恐ろしさを感じ内では、いられませんでした。

ところで、恐ろしいと感じると同時に、川路は、”情痴の果て”に自ら命を絶った二人の、なかんずく女の身でありながら死を恐れなかった遊女の勇気に、心の底から驚嘆したとも語っています。三月二日の日記を開いてみましょう。川路は、武士が従容と(心の動揺を見せずに)腹を切るためには日ごろからどのように心がけるべきかという問いに対して、さる人が語った次のような談話を思い出しています。

心中は武士の手本 その①

botan川路をして、自分は彼女の百分の一も・・・・・と慨嘆させた相手の遊女は、ではどれほど宗次郎のことを愛していたというのでしょう。二人の心中現場を検視した役人の報告によれば、死骸の側に彼女の遺書が置かれていて、それには「正月五日初めて宗次郎に逢ひ、此人ともに死なむとおもひ定めしに、けふ願のかなひける」と認められていたとか。

一月二十五日に初めて出会った二人。ということは、情死を遂げるまでわずか一月余りの時間しか経っていなかったのです。しかも遺書の文面から推測するに、彼女は、宗次郎を一目見て「この人と一緒に死のう」と心を決めたようです。彼女と彼の間にどのようなやりとりがかわされたのか、川路の日記には何も記されていないので定かでありませんが、男の側に立ってみれば、まるでメイドの道連れを求め待ち受けていた女の綱に掛かったようなもの。そうとしって川治が思い出したのは、子供の頃呼んだ中国明代の怪談集「彅燈新話」中の一編「牡丹燈記」の話でした。この世に迷いでた女の亡霊が男を誘惑して墓穴にひきずりこむというそのストーリーが、宗次郎の中心事件と「少もかはらず」(そっくりだ)というのです。

宗次郎の死 その③

憎むべき恩知らずもの!と思う一方で川路は、こんな事態を招いた原因の一つが受人としての自分の愛情の薄さであったと反省しないではいられませんでした。

天下にわれほど親敷ものはあらねども、共に死せむといひしもの程の深切りの百分の一もなし。それがために死せしなるべし。

孤児同然の宗次郎には私以外に頼りになる人はいないはず。そう思っっていた私は、しかし「一緒に死のう」と行った女が注いだ親しみの百分の一だって彼に示しただろうか。だからこそ彼は、女の親しみの深さに引きずられて情死に至ったのだろう。

川路は続けて「可憎之至、可憐之至也」と書いています。可愛さ余って憎さ百倍?いえ、憎いのは憎いがそれにもまして憐れでならないといった心境ではなかったでしょうか。