五十路マドンナ ひびき 50歳 人妻デリヘル 博多周辺

1_m
ご登場は、ストレートヘアが素敵な
美人奥さまの、響さん(50歳)。
見た目若々しくもフェロモンをムンムンに放出しまくってますぅ。
見るからにプロポーション良さ気ですよ。
聞けば身長156cmにオッパイが87cmのEカップ。
ウエストがエッチにくびれていて63cmでお尻が89cmと申し分無しです。
そんな彼女とスッポンポンになってバスルームへ。
束ねた髪のうなじが艶っぽくてグー。
丁寧にチ○チ○及びアリの門渡り、
アナルまで洗ってくれ、ムクムクさせつついよいよベッドへ。
抱き合い濃厚なチューしまくりで、一気に不倫モード突入!
お互いの体をまさぐり合っていると、「あぁん、スゴイ」と
喘ぎまくりますぅ。
かなりの敏感体質と見た。
お股の手を入れると、もうヌルヌルです。
指がスルリと入って、指マンすると、
「ダメ、イク~、イッちゃう」とビックンビックン!
続行すると、「出ちゃう」とピューっと潮吹き~。
シーツビッショビッショ~!
60分1万円~。
「五十路マドンナ」

 

春画の効用 その16

するとその蔵書家は「これは火災よけの呪いなんですよ」と答えたということだ。

しかし南が「このかたにて具足びつに春画をいるということもかかえることなどによれるやらん」(なるほど春画にはこんな力があったのか。してみるとわが国で具足びつに春画をいれるのも防火の呪いかもしれないぞ)と書いているところをみると、わが国では呪術的使用は多くの場合具足びつにかぎられていて、諸仏用のびつに入れる例はごくまれだったのではないでしょうか。

具足びつであれ諸仏の収納箱であれ春画が一種のお守りとしてしようされていたのでは事実で、春画について考える際に見通してならない重大な要素といえるでしょう。ところがこの点でも、私たちは中国からの影響をみとめないわけにはいきません。

 

春画の効用 その15

「日中戦争」は昭和十二年の虚構橋事件をきっかけに拡大した日中の全面戦争。その戦争に加わった日本兵の中に春画を「弾除け」ののろい(お守り)として所持していた人がいたというのですが、この奇妙な戦争習俗の際には殆ど国策といえるくらい大々的におこなわれたことも、知る人ぞ知る日本近代史のひとこまではないでしょうか。春画やエロ写真を兵士に配布したのはよかったが、戦後それを回収するのに当局は大変苦労したということです。

春画は「弾除け」のみならず防火のお守りとして使われる場合もありました。江戸の文人大田なんぼは、民の書「青藤山人辞し」から、こんな話をしょうかいしています。

ある蔵書家がほんのひつごとに必ず春画を一冊ずつ入れるのを見た人が、「どうしてそんなものを入れるのですか?」とたたずねた。

 

春画の効用 その14

武士の家ではいったい何のために鎧びつに春画を入れておいたのでしょうか。

花咲一男氏は、神田白龍子の「武家俗説弁」から、「武士出陣のみぎり、是をひるきみてシンウツの気を散じ、こころよく笑みを持って門出すといへり」という「俗説」を引いています。白龍子はなんの根拠も無いことなので信じてはならないと一蹴していますが(いやしくも武士たるもの、春画を見たからといって晴れ晴れとした気持ちになって出陣するなんてことがありえようかというわけです)、花咲氏は右の諸説にこうコメントを加えています。

正論であるが、この俗信が行われていたことは事実らしい。明治・大正時代に、財布の中に春画を入れておくと金がたまるとかの俗信が花柳界にはあったというし、筆者らが参加した日中戦争にも、敵陣に当たらぬまじないとして、春画やエロ写真を海中していた兵隊もいたことは確かである。

春画の効用 その13

二番目の句では武蔵棒弁慶は具足びつにあの本を入れなかったと読まれていますが、それ以上なんの説明もありません。

それでも当時の読者はただちに句の意味を魅了したのでしょう。弁慶は一生に一度しか助成と交わらなかったと伝えられるほどの女嫌いでした。したがって彼の鎧びつには男女の交接を描いた春画など入っていたはずはないというわけです。

川柳だけではありません。鴎外の「キタ・セクスアリス」にも、十歳の時、蔵の二階にあった鎧びつの中に春画を発見した主人公の体験が活き活きと記されていました。

僕は何の気なしに鎧びつの蓋を開けた。さうすると鎧の上に本が一冊のっている。あけてみると、きれいに彩色のしてある絵である。そしてその絵にかいてある男と女とが異様な姿勢をしている。